卒園!!

2014-03-30

先日、我が家の長男が保育園を卒園しました。
 
 2007年の12月11日の正午少し前、予定日ぴったりに、くさの助産院で産声をあげてから、本当にあっという間の6年でした。私は、ずっとお母さんになるのが夢だったので、その日は、私の夢のひとつが叶った日でもあり、私がお母さんになった誕生日でもあり、家族にとって、特別な日です。

 出産

 感動的な出産の翌日に、長男は、こども病院へ入院という事態になり、胸が張り裂けそうに心配もしましたが、そんな経験も、自分を強くし、母としての自覚を持たせてくれたように思います。
 
 長男が生まれてから、ずっと続けていることがあります。それは、寝る前、子どもたちに『ありがとう』を言うことです。私たちのところへ生まれてきてくれたことに、元気で1日を過ごしてくれたことに、喜びを与えてくれることに、時に試練や学びを与えてくれることに・・・いろんな意味がありますが、子どもたちの存在自体が、ただただ愛おしいのです。

拝育:拝むようして育児に取り組む

 どこかの講演会で、長年助産師をしながら、3人の子供を育てた方から教わった言葉です。
出産直後の感動と幸福感を持ち続けながら、子供たちに出会えた奇跡に感謝しながら、子供たちの成長を見守っていくことだと、私はとらえています。育児とはいえ、実際にその過程で学ぶことが多いのは、むしろ親なのだと思います。

 長男は、年中さんからの2年保育でしたが、その間の成長ぶりには目を見張るものがあります。かわいくて仕方ない存在だった長男が、いつの間にか、たくましく、頼もしくなって、母としては、ちょっぴり寂しいような気もしますが、心も体も元気に育ってくれていることに感謝の気持ちでいっぱいです。
 卒園式では、周りの女の子たちが号泣していても、本人はいつも通りマイペースな感じでしたが、そんな姿を見た私は、いろんなことに思いを巡らせ涙が止まりませんでした。

卒園式

 さて、長男の卒園の節目にあたり、現在進行中ではありますが、これから、少しずつ自分の子育てについて振り返ってみようと思っています。

 

Facebookページはこちら




このサイトを検索

カテゴリ

くさの助産院イベント

わたしと子育て

静岡子育て支援・イベント

写真撮影

お知らせ

授乳フォト

カメラ教室

手づくりおもちゃの会

すくすく足育講座

わたしの出産の記録

Copyright(c) 2013 くさの助産院とわたしと子育て All Rights Reserved.
デイトレード